Toward Entrepreneurship

「事業に対する心の持ち方」

 

◆大学は将来を自分で拓く時期
君は何のために勉強しているか。あなたはどんな人生を歩みたいと思っているのか。何がしたいのか。あるいは、なぜ仕事をしなければならないのか。
大学生は、多かれ少なかれこうした真正面からの疑問に悩むものである。今の大人達も若い頃には皆それを考えていた。自分で進む道を決めた者、決められずにやりすごした者はさまざまであるが、ともかくもそれぞれの力で今を生きている。
過去に歴史に名を残した人間も、若き時代には同じように進むべき道を考えていた。土佐に生まれた坂本龍馬は倒幕運動の志士として身を立てようし、埼玉の深谷で育った渋沢栄一は尊王攘夷に本気になって横浜を焼き打ちにする企てを考えた。ソフトバンクの孫正義社長は福岡県久留米の高校を中退してアメリカに渡り自分の人生を切り拓こうとした。
それとは逆に、自分で人生を考えて選択することができずに、定められた道を生きるために歩まざるを得なかった者も多い。パナソニックを創業した松下幸之助は、家が貧しいために小学4年生で商店に奉公に出された。トヨタの祖である豊田佐吉は父親の大工の仕事を継ぐしかなく、ホンダを創った本田宗一郎は家が鍛冶屋だったから自動車修理店に入って子守の仕事をさせられた。皆がそういう人生を歩まざるを得なかった時代であった。
現代は昔のそれとは異なっている。幸いなことに、若い頃に考える時間と環境が不足しているわけではない。日本の若者の半分以上は大学に進学し、本人にやる気かあるかどうかは別として、少なくとも4年間(就職活動を除けば実質的には3年弱)は社会に出る前のトレーニングを大学の内外で受ける時間はある。

 

◆重要なのは、社会における「取り決め」
人は、憲法の基本的人権にあるように、社会で自由に活動することを許されている。学校を卒業すれば、学校の中の指導や強制からも「自由」になる。しかし、社会では他人が学校のように手取り足取りでは人生を導いてくれないし、多くの場合は叱ってもくれない。
人間の実社会とは、自分と他の組織や個人との間で何かを決めて、自分が働き、その分の価値を金銭で得ることを基本とする世界である。これは当たり前の話だが、わかりやすく言えば、自分が働いてお金を稼ぐことだ。サラリーマンはもちろん、お笑いタレントでもプロ野球選手でも大学の教員でも、日々の労働で収入を得ていることには変わりがない。人間でなくとも、生きるためのものを稼ぐことはすべての生物が行っている行為である。ライオンは獲物を追わなければすぐに飢えてしまう。
人間が賢いのは、生きるための稼ぎ方を「組織的」に行うことができることである。人間は頭を使えるから、会社という集団の組織を作って、ものを個人が分担して生産し販売し、金を稼いでいる。しかし、人間がその組織(会社)をうまく運営するには、さまざまな「取り決め」を学び理解した上で円滑に処理をしなければ、ものがうまく作れない、製品を売っても損が出てしまう、あるいは代金が回収できないことになる。
本質的にいえば、経営学部で学ぶ「経営」という学問は、生きるために稼ぐことを目的に作った組織を、どのように運営して、満足できる稼ぎを獲得することができるかを使命としている。稼ぐという言葉にはあまり良いイメージがないかもしれないが、この本質から目をそらしてはいけない。稼ぐという言葉が気にさわるならば、価値を創ることと言いかえても良い。植物は光合成によって水と二酸化炭素という原料から炭水化物を生産し、生きるエネルギーという価値を生み出している。
人間は組織を作っているから、他の生物より圧倒的に優れた価値を創っているけれども、それには多種多様な取り決めが定められて、参加する人間がそれに従っているために、円滑な運営が可能になるのである。このように、円滑に組織を運営する「取り決め」とそれを行う理由を学ぶのが経営学と考えてほしい。経営学部で学ぶ企業マネジメントも、簿記も会計も、情報技術も、組織を運営する上で(あるいは組織で働く上で)必要な知識を得ることが目的であるはずだ。

 

◆事業創造を学ぶと、組織の本質がわかる
このテキストでは、ゼロから始まる事業をどのように立ち上げていくか、あるいはそうした事業の創造(起業)にはどのような特徴があるか、どのような人々が行っているのか、ということを解説している。
まったくの始まりから事業をスタートさせると、先に述べたような人間の価値の作り方(稼ぎ方)が現場で見えてくる。会社とはどのように作るのか、社長や部長や従業員はどのような役割の分担があるのか、あるいは会社の資金はどのように調達しているのか。大きな会社や役所にいると、その事業の本質がみえにくくなるものだ。1万人も従業員がいる大企業で働いていると、日々の自分の仕事で会社の経営が見えるものではない。自動車メーカーで品質管理を担当している係長にとっては会社の決算書は経理部の仕事でしかないだろうが、新宿でネットワークゲームを作っている従業員5名のベンチャーでは株主総会で何が議論されたか皆が知っている。

 

◆自分の頭で批判的に考えることが重要
会社を作る、運営する、儲ける事とは何かというように、人間の経済活動の本当の意味を探ろうとして経営を学ぶならば、おそらく自分達が授業を受けている理由や目的も納得できるものになるだろう。学生というものは若くて自由だからこそ、社会が決めた取り決めや慣習に対して無条件無批判に従うだけではなく、まずはその意味を批判的に考えてもらいたい。
会計や情報技術の授業では、こういうルールだからこのように処理せよと決め事に従うことを強制させられることが多い。しかし、このテキストで取り上げるアントレプレナーシップは、「なぜ?」が重要な学問である。その理由を一言でいえば、考えることなく無批判に生きていては新しい事業は生まれないからだ。現存するビジネスや社会に疑問を持ち、何かがおかしいと思ったからこそ、多くのベンチャーが生まれてきた。マクドナルドや吉野家は、それまでの飲食店のサービスが遅くて問題だと考えたから、「早い、安い、うまい」メニューを考え出してきた。ダイエーを作った中内功は既存の小売店の値段が高すぎると思ったことをきっかけに、「安売り」を商売にして日本一になった。
アントレプレナーシップの授業では、出てきた内容をとにかく覚えなければという義務感を持つ必要はない。大事なことは批判的に考えることである。いわゆる大学生らしいクリティカル・シンキング(critical thinking、批判的思考)を涵養し、世の中への問題意識を高め、かつ広めていく。そのことは起業だけではなく、いろいろな実社会で活動する礎になると私は信じている。
経営は、社会で生活する限り誰もがさまざまな局面で直面することである。同時に、生きている以上は誰もが経営に関わらざるをえない。サラリーマンでも、自営業者、公務員、あるいは家庭の主婦でも、組織や家計に責任を負う者は、それぞれの視点で経営の仕組みを実践的に学ぶことにより、自分の可能性を高めることができるはずだ。

 

学んで思わざれば 則ち罔(くら)し。  思うて学ばざれば 則ち殆(あや)うし。   (孔子「論語-為政」)

広告

コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。